2016年12月25日日曜日

Qua tab 01 au のレビュー

(^x^)こんばんは。MANIERAです。
先日、auのAndroidタブレット Qua tab 01を購入したので紹介します。




01
Qua tab(キュア タブ)01とは、京セラ製のKDDI向けの防水Androidタブレットです。
機種番号はKYT31SLAです。






02
amazonのマーケットプレイスで結構安くなっていたので、新品の白ロムを16200円で購入しました。
箱の大きさは230 x 150 x 25mmで、白いバーコードシールには黒丸の印があります。
購入時期は2016年9月です。 本体のシールによると製造日は2016年3月でした。

※ 当機種の初期ロットはパネルが開いて液晶が外れてしまうなどの不具合があったようですが、
ネット情報によると、バーコードに黒丸がある物は対策品になっているらしいです。






03
箱にはテープが貼ってあって、最初は普通のテープのように見えましたが、
剥がすと文字が出てくる、封印テープになっていました。
未開封品のようですね。





04
フタを開けるとタブレット本体が、箱いっぱいに入っていました。






05
内容物は本体と書類のみです。充電器もケーブルもありません。
OSは Android5.1、CPUはMSM8939/1.5Ghzx4コア+1.0GHzx4コアです。
ROMは16GB、RAMは2GBです。
ワンセグチューナー(フルセグも)はありません。





06
本体を底面から見上げた写真です。
底面の真ん中にはマイクロUSBソケットがあります。

本機は IPX5/IPX7の防水、IP5Xの防塵ですが、
USB端子はキャップ不要のキャップレス防水になっているようです。


【 防水・防塵についての保護等級 】
IPX5: あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX7: 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない
IP5X:  有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない
(Wikipediaより)





07
上面から見たところです。左に3.5mmのステレオイヤフォンジャック、
右に電源スイッチがあります。 イヤフォンジャックも
キャップレス防水になっているようです。






08
液晶面の上部のセンターには 200万画素CMOSカメラが付いています。
右の方にある丸は、画面明るさ調整用の光センサーです。
取説によると、カメラとセンサーの間に、内蔵スピーカーがあるようです。






09
裏面は、適度に滑りづらい感じの塗装がされていました。
この色はネイビーですが、他にはホワイトとピンクがあるようです。
裏面の印字は au、Qua tab 01のみで、すっきりしています。





10
裏面の右下にある小さい穴はマイクです。






11
裏面上には500万画素CMOSカメラがあります。
カメラの右隣あたりに内蔵メインアンテナが入っています。
カメラの下の長い棒のようなものはシーソー式の音量ボタンです。

ちなみに購入時には裏面に白いシールが貼ってあって、
バーコード付近に製造年月が書いてありました。
※ シールは、簡単にきれいに剥がせます。






12
イヤフォン端子の隣のコーナー付近にはGPSアンテナが内蔵されています。
長方形のフタはカードスロットカバーです。






13
カードスロットカバーを開けたところです。
右側はau NanoIC Card 04 LEスロットで、左はmicroSDカードスロットです。
メモリカードはmicroSD、microSDHC、microSDXC(最大128G)が使えます。

対応通信規格は4GLTEとWiMAX2+ですが、私はsimは入れずにWifi運用しています。
機内モードにして使うと、無駄にsimを探しに行かないようで、電池も節約できます。

※ 機内モードでも Wifi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth(4.1)、GPSは使用可能です。






14
カードスロットカバーの裏は、防水防塵用のグレーのゴムパッキンが付いています。
水が入らないようにしっかり閉じておきましょう。






15
本体の大きさは214x125x7.9mm、重さは286gで、持ってみると結構軽く感じます。
バッテリー容量は4000mAh、充電はauの共通ACアダプター使用で200分です。

LEDランプがないので、充電されているかどうかは画面で確認するしかありません。

ディスプレイは8インチのWUXGAのTFT液晶です。IPSでは無いようですが、
画面はとてもきれいで、写真鑑賞も動画視聴も問題ありません。






16
本体のスピーカーはあまり良い音ではないので、ソニーの防水イヤフォン(XBA-S65)を接続して、
お風呂でAmazonプライムビデオや youtube、Kindle本などを視聴したりしています。

タッチパネルは他の機種より、時々、微妙に感度が低い気もしますが、
水場では水滴による反応が良すぎないので、逆に良い感じです。

他にはNAVITIMEのカーナビアプリ 「ドライブサポーター」を入れて
車載ナビとして使用していますが、画面が大きくて使いやすいです。
※ 通信はスマホの wifiテザリングを使用。

数年前に購入したAquosパッドや、昨年買った Fire HD8よりも、動作軽快で、
今のところ特に不具合もなく、結構安かったので、大満足です。^^






(^x^)おしまい。




     
   

2016年6月12日日曜日

Amazon ベーシック ラップトップ スリーブ 17.3インチのレビュー



(^x^)こんばんは。MANIERAです。
アマゾンの17インチ ノートPC用のケースを買ったので簡単に紹介します。




 01
正式名は、Amazonベーシック ラップトップスリーブ 17.3インチ です。
ラベルにある amazon basicsとはアマゾンのプライベートブランドです。
値段は1280円です。






 02
プライム会員なので、発注翌日に 巨大な箱でやってきました。
箱の大きさは実測で 450 x 705 x 45mmです。

amazonは、いつもコンビニ受け取りにしていますが、この大きさのためか、
配送先にコンビニが選べなかったので、自宅受け取りにしました。






 03
スリーブ本体は、実測で 450 x 330 x 25mmなので、箱が大きすぎるようです。
本体重さは実測で202gでした。






 04
製品は中国製で、材質は、
表側生地:ポリエステル100%、黒いフォーム:スチレンブタジエンゴム、
グレーのフォーム:ポリウレタン、裏側生地:ポリエステル100%、
サイドパネル:ポリエステル100% と書いてあります。

ASINはB00LU7BE20です。
ASINとは Amazon Standard Identification Numberの略で、amazonの商品識別番号です。






 05
裏側には特に何もありません。
表面はふわふわした生地です。






 06
ファスナーの 引手は、金属の上にプラスチックが覆っています。






 07
 裏地は起毛したやわらかい素材で、傷がつかないようになっています。






 08
では、こちらのAlienware17R3を入れてみましょう。
大きさは 約 430 x 292 x 24mmです。

参考リンク: Alienware17R3のレビュー
http://gadget-maniera.blogspot.jp/2016/06/alienware17r3.html






 09
幅は大丈夫なようですが、奥行きはどうでしょうか..。






10
測ったようにぴったり収まりました!

電車移動ではPCが重くて厳しいですが、車移動の際には
いつもこのスリーブに入れて持ち運んでいます。
値段も安いし、傷もつかないので安心です。

※ 時々amazonの在庫がなくなると、10倍くらいの値段で業者が出品したりしていますが、
高すぎるので在庫復活まで待った方が宜しいかと思います。^^



(^x^)おしまい。